細菌の光合成

細菌の光合成

光合成を行う細菌がいます。そのような細菌を総称して光合成細菌といいます。

細菌の光合成は、酸素発生型と酸素非発生型があります。


シアノバクテリアは酸素発生型の光合成を行います。

シアノバクテリアは光合成色素として(植物と同じ)クロロフィルaをもち、また、植物の葉緑体と同じ仕組みで光合成を行います。


緑色硫黄細菌(りょくしょくいおうさいきん)や紅色硫黄細菌(こうしょくいおうさいきん)などは、酸素非発生型の光合成を行います。

これらの細菌は、光合成色素としてバクテリオクロロフィルを持っています。

また、光化学系Ⅰまたは光科学系Ⅱに似た反応系のどちらか一方しか持たず、水の代わりに硫化水素(H2S)などから電子e-を得ています。

これらの細菌の光合成では酸素は発生せず、硫黄などが遊離します。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR