MHC抗原

MHC抗原 えむえいちしーこうげん

ほとんどの脊椎動物の細胞の表面には、個体に固有な細胞膜貫通型のタンパク質が存在しています。このタンパク質をMHC抗原といいます。

MHC抗原は、細胞内のタンパク質の断片(ペプチド)を細胞の表面に提示する働きを持っており、獲得免疫において重要な役割を果たしています。

MHCは、Major histocompatibility complex(主要組織適合遺伝子複合体;しゅようそしきてきごういでんしふくごうたい)のことです。


T細胞の表面には、T細胞受容体(T cell receptor;TCR)と呼ばれる受容体が存在していますが、このTCRは、自己のタンパク質断片を提示しているMHC抗原とは結合せず、非自己(感染細胞など)のタンパク質断片を提示しているMHC抗原と結合します。そうやってT細胞が抗原として認識し、免疫反応が進んでいきます。


ヒトのMHCは、HLA(Human Leukocyte Antigen;ヒト白血球型抗原;ヒトはっけっきゅうがたこうげん)と呼ばれます。

HLAの方が個体間で一致する確率は極めて低いです。臓器移植で臓器を受け取った側が拒絶反応を起こすのは、移植された臓器のHLAを、TCRが非自己として認識して免疫反応が起こるからです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR