スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016英語:第3問C (32)

C 次の会話は、「異文化理解」をテーマとして、ある大学で行われた授業でのやりとりの一部である。(32)~(34)に入れるのに最も適当なものを、それぞれ下の①~④のうちから一つずつ選べ。

Professor:
Good morning. I’m sure everyone did the homework reading, so I want to begin today’s class on intercultural communication.
「おはよう。みんなは宿題で出してある読書をやってきたと思うので、異文化交流に関する今日の授業を始めたいと思う」

・I'm sure (that) ~ ~を確信している
・on ~に関する(aboutよりもかたい語)
・intercultural 異文化間の

My first question is “Why do we need to study intercultural communication?”
「私の最初の質問は『なぜ私たちは異文化交流を学ぶ必要があるかのか』だ」

Would anyone like to answer?
「答えたい者はいるかい?」

Student:
Yes, I’ll try to answer that.
「はい。私がそれに答えてみようと思います」

・that は教授の質問を意味しています。

People may think the way they do things or the way they view the world is “natural” and “correct.”
「人々は、自身が物事をするやり方や自身の世界の見方を『自然』で『正しい』と思っているかもしれません」

・think の後ろにthat節のthatが省略されています。
・the way SV で「SがVするやり方」という意味です。
・view ~を見る、みなす
・correct 正しい

When they encounter someone doing things differently, they regard it as “strange” or “wrong”.
「彼らが、物事を(自分のやり方とは)違ったやり方でやっている人に出会うと、それを『奇妙である』とか『間違っている』とみなします」

・they はpeopleのことです
・encounter 出会う;出くわす
・doing things differently は現在分詞が先頭のまとまりです。後ろからsomeoneを説明しています。
・regard A as B で「AをBとみなす」という意味。

Having an awareness of intercultural communication can help us understand and deal with misunderstandings when they arise.
「国際的交流の意識を持っていることは、私たちの理解の手助けをし、誤解が生まれたときにそれに対処する手助けをします」

・Having ~communication までがこの文のSです。Havingは動名詞です。
・awareness 気付いていること;自覚;意識
・help+O+(to) do  Oが~するのを助ける
・deal with ~に対処する
・misunderstanding 誤解
・they =misunderstandings
・arise 起こる

I think it is especially important these days because people travel overseas for many reasons, such as work, study, or vacations.
「人々は仕事、勉強、休暇といった様々な理由で海外を旅行するので、最近は特にそれが大事であると私は思います」

・it=Having an awareness of intercultural communication を指すと思われます。
・especially 特に
・these days 最近
・overseas 海外を;海外に
・reason 理由
・such as ~のような(例えを出すときに使われる表現です)

The opportunities to meet people from other countries have increased greatly.
「他の国出身の人々と会う機会は大いに増加しています」

・opportunity 機会
・to meet ... countries の部分が後ろからthe opportunitiesを説明しています。to不定詞の形容詞的用法です。
・increase 増える
・greatly 大いに;とても

With this increased contact, there are more chances for trouble between people from different cultures.
「このように接触が増加していて、異文化出身の人々の間でのトラブルの可能性がより多くなっている」

・withには「~が理由で;~の結果として;~に伴い;~を考慮すると」といった意味があります。
・contact 接触

Professor:
Right. As you said, studying intercultural communication is useful because (32)[④we can cope with cultural misunderstandings more easily and smoothly].
その通りだ。君が言ったように、異文化交流を勉強することは役に立つ。なぜなら、私たちは文化的な誤解に、より簡単に、そしてよりスムーズに対処できるからだ。」

・Right. その通りだ。
・as ~のように
・studying 動名詞です。
・cope with ~に対処する
・smoothly 滑らかに

①intercultural knowledge encourages people to study in a foreign country
「異文化の知識は、人々が外国で勉強することを促進する」

・knowledge 知識

②some ways of living are considered to be more correct than others
「いくつかの生活の仕方は、他よりもより正しいと考えられている」

・be considered 考えられている

③there were many more cases of intercultural communication in the past
・過去には、異文化交流の例がもっとたくさんあった。

・many more もっとずっとたくさんの~
・in the past 過去に

④we can cope with cultural misunderstandings more easily and smoothly
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。