2016英語:第3問A

第3問

A 次の問いの会話の(27)・(28)に入れるのに最も適当なものを、それぞれ下の①~④のうちから一つずつ選べ。

問1

Sue: You know, Peter’s birthday is coming soon. Is everything going well for the surprise party?
「ねえ、ピーターの誕生日が近づいてきてるね。サプライズのパーティーの準備は全て順調?」

・Peter's ピーターの
・everything 全て(の物事)
・surprise party 相手に開催するのを知らせないで行うパーティー

Polly: Yes. I’ve already bought and wrapped his present. Here, look.
「うん。もうすでに彼のプレゼントを買ってラッピングしたんだ。ほら、見て」

・I've = I have
・wrap 包む;ラッピングする

Sue: [(27)④You should hide it so that he won’t see it]. He might walk in at any moment.
「(27)彼が見ないように隠しておくべきよ。彼は今にでも中に入ってきちゃうかもしれないわ」

・hide ~を隠す
・it = the present
so that SV 「SがVするように」。この「so that」は「目的」を表します。thatは省略しても良いです。
・might (助動詞)~するかもしれない
・at any moment 今この瞬間にも;今すぐにでも

Polly: OK. I’ll put it away until the party.
「わかった。パーティーのときまでしまっておくよ」

・put away 片づける;しまう
・until ~のときまでずっと

[選択肢]
① He doesn’t like the color of the wrapping.
「彼はこのラッピングの色が好きではない」

②I don’t have the slightest idea what to buy.
「僕は何を買うべきか全くわからない」

・slight わずかな
・I don't have the slightest idea ≒ I have no idea 「全くわからない」
・what to (do) 何を買うべきか。「疑問詞+to do」の形には、「should(すべき)」の意味が入ってきます。

③Show him what you bought when he comes.
「彼がきたときに、あなたが何を買ったかを彼に見せてあげて/あなたが買ったものを彼に見せてあげて」

・このwhatは、疑問詞節の先頭ととらえても良いし、先行詞を含む関係代名詞ととらえてもどちらでもよいと思います。
・彼が来た後にサプライズのパーティーをやるのですから、彼が来てすぐにプレゼントを見せると困ります。文脈に沿わないのでこの選択肢は不適です。

④You should hide it so that he won’t see it.


問2

Diego: Did you do the English homework? It was difficult, wasn’t it?
「英語の宿題やった?難しかったよね?」

・~, wasn't it? の部分は付加疑問です。

Fred: Oh! I totally forgot about it.
「ああ!完全に忘れていたよ」

・totally 完全に;完璧に

Diego: You can do it during lunch time.
「昼休みの間にできるでしょ。」

Fred: There’s little point in even trying. [(28)②It’d be a waste of time.]
「やろうとすることにさえ、ほとんど意味はないよ。時間の無駄になるだけだよ。

・There's = There is
・There is little point in (doing). ~することにほとんど意味はない。
little ほとんどない
・even ~でさえ
・It'd =It would 「もしやったとしても」という仮定が入っているので、wouldが使われています。仮定法の考え方です。
・waste 無駄

Diego: Don’t give up. You need to pass English, right?
「あきらめるなよ。英語に合格する必要があるんだろう?(=英語の単位を取る必要があるんだろう?」

・need to (do) ~する必要がある
・pass 合格する
・pass English 大学などにおいて「英語のコースに合格する」という意味でここでは使われていると思います。日本の高校生にわかりやすく言えば、「単位を取る」というような意味です。
・~, right? ~だよね?と相手に確認する表現です。


[選択肢]
①I’m sure I can make it.
「私は成功できると確信している」

・I'm sure の後ろにthatが省略されています。
・make it  成功する;到着する などの意味を持つ熟語です。

②It’d be a waste of time.

③Let me see what you can do.
「君に何ができるかを見させてください/君ができることを見させてください」

・let ~させる
・what 疑問詞節の先頭と考えてもいいし、先行詞を含む関係代名詞ととらえてもどっちでもよいと思います。この記事の問1を見てください。

④You don’t want to miss it.
「君はそれを見逃したくないはずだよ。」

・miss 見逃す
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR