スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016英語:第2問A

第2問
A
次の問いの(8)~(17)に入れるのに最も適当なものを、それぞれ下の①~④から一つずつ選べ。ただし、(15)~(17)については、(A)と(B)に入れるのに最も適当な組合せを選べ。


問1
The train (8) when I reached the platform, so I didn't have to wait in the cold.

①had already arrived ②has already arrived ③previously arrived ④previously arrives

「私が駅のホームに着いたとき、電車はすでに到着していた。だから私は寒さの中で待つ必要がなかった。」

・reached, didn't have to があるので全体として過去の話をしています。よって②や④はダメです。
・had arrived 過去完了の形です。
・previously 以前に。「previously arrived」は、「以前は到着するという行為をしていた(今は到着するという行為はしていない」という意味になってしまうので、ここでは不適
・reach ~に到着する
・platform 駅のホームのこと
・in the cold 寒さの中で


問2
(9) Tokyo has a relatively small land area, it has a huge population.

①Although ②But ③Despite ④However

「東京は比較的土地面積が小さいが、人口は巨大である」

・「Although S' V', SV.」 S’はV’するけれども、SはVする
・②や④は、「Tokyo has a …, but …」や「Tokyo has a …. However, …」などのように使います。
Despite ~にもかかわらず。despiteの後ろには名詞が来なければなりません。
・relatively 比較的
・land 土地;陸地
・area 面積
・huge 巨大な
・population 人口


問3
Children (10) by bilingual parents may naturally learn two languages.

①bringing up ②brought up ③have brought up ④were brought up

「バイリンガルの両親によって育てられた子供は、自然に2つの言語を学ぶかもしれない」

・may naturally learn がこの文のVなので、③や④はだめです。文に2つVが出てくることになってしまうので。
分詞の形容詞的用法を使います。
・bring up (子供などを)育てる
・brought はbringの過去形・過去分詞形。この文では過去分詞。
・bilingual 2か国語を自由に話す
・may ~するかもしれない
・naturally 自然に


問4
My sister was not a serious high school student, and (11).

①either I was ②either was I ③neither I was ④neither was I

「私の妹(姉)は真剣な(真面目な)高校生ではなかった。私もそうではなかった(私も真剣な高校生ではなかった)」

・either 2つのうちどちらか一方
SoやNeither は、「…. So+倒置」で「…である。~もそうである」、「…. Neither+倒置」で「…ではない。~もそうではない」という意味になります。SoとNeitherの使い分けは、…の部分が肯定文か否定文か、です。
・「Either+倒置」という形はありません。


問5
Before the movie begins, please (12) your mobile phone is switched off.

①keep ②make sure ③never fail ④remind

「映画が始まる前に、携帯電話のスイッチがオフになっているようにしてください」

make sure (that) SV 確実にSがVするようにする
・mobile phone 携帯電話


問6
We have made good progress, so we are already (13) schedule.

①ahead of ②apart from ③far from ④out of

「私たちはとてはかどっていて、すでにスケジュールよりも早い」

・progress 進歩;前進
・already すでに
・ahead 前方に;(時間的に)前に
・apart from ~は別に;~は除いて
・far from ~には程遠い


問7
Thanks to their (14) comments after my presentation, I felt very relieved.

①friendly ②nicely ③properly ④warmly

「私のプレゼンテーションの後の彼らの友好的なコメントのおかげで、私はとても安心した」

・friendly は形容詞。それ以外の選択肢は全て副詞です。後ろに名詞のcomments が来てるので(14)は形容詞でなければなりません。
・thanks to (something/someone) ~のおかげで
・relieved 安心して;ほっとして


問8
(A) you've completed this required class, you (B) be able to graduate. (15)

①A:If B:won't ②A:Unless B:would ③A:Until B:won't ④A:While B:would

「この要求された授業を終えるまでずっと、卒業することができません」

・until ~までずっと
・complete ~を完成させる;~を終える
・require 要求する
unless ~でない限り 「Unless you complete this required course, you won't be able to graduate.」なら正しいです。


問9
Wood (A) be used as the main fuel, but nowadays fossil fuels (B) widely. (16)

①A:used to B:are used ②A:used to B:have been used
③A:was used to B:are used ④A:was used to B:have been used

「木はかつて主要な燃料として使われたが、最近は化石燃料が広く使われている」

used to (do) かつて~したものだった;以前は~だった
be used to (something) ~に慣れている
・as ~として
・fuel 燃料
・fossil 化石。fossil fuel で化石燃料という意味
nowadays (=in these days) 最近は。この語は現在形と一緒に使います。


問10
(A) so considerate (B) him to come and see his grandmother in the hospital every day.

①A:He is B:for ②A:He is B:of ③A:It is B:for ④A:It is B:of

「彼が毎日病院に祖母に会いに来るのは、とても思いやりがある」

・④のItは形式主語です。「considerate(思いやりがある)」は人の性質を表す語なので、「for」ではなく「of」を使います
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。