最適pH

最適pH さいてきぴーえいち

酵素反応が最も最適になるときのpHを、その酵素の最適pHといいます。

生体内の多くの酵素の最適pHは6~8 付近です(例外もあります。例えばペプシンはpH2付近が最適pHです)。


最適pHというものが存在するのは、強い酸や塩基は酵素(=タンパク質)の立体構造を破壊してしまうからです。立体構造が破壊されると、活性部位も変形してしまい、基質との結合が弱まります。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR