スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一次細胞壁・二次細胞壁

一次細胞壁・二次細胞壁

成長中の若い植物細胞では、一次細胞壁と呼ばれる薄い細胞壁がみられます。一次細胞壁の主要な構成成分はセルロース(Cellulose;(C6H10O5)n) と呼ばれる多糖類であり、セルロース繊維の間をペクチン(Pectin)などが埋めています。

成長した植物細胞では、一次細胞壁の内側に2~3層からなる二次細胞壁が形成されています。二次細胞壁の主成分もセルロースです。


成長した植物細胞では、細胞壁にリグニン(Lignin)という物質が多く沈着していることがあります。リグニンが沈着することを木化(もくか)といいます。

また、細胞壁にスベリン(Suberin)が多く沈着することもあります。スベリンが沈着することをコルク化といいます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。