染色体の構造

染色体の構造

染色体の基本構成単位は、ヌクレオソーム(Nucleosome)と呼ばれるものです。これは、DNAにヒストン(Histone)などのタンパク質が巻き付いたものです。

細胞分裂が行われていないとき、ヌクレオソームが規則的に集合して数珠状につながり、繊維状の構造を取ります(これをクロマチン繊維(Chromatin)といいます)。


細胞分裂が始まると、このクロマチン繊維が規則的に折りたたまれ、太い繊維状の構造になります。

細胞分裂M期の中期には、これがさらに折りたたまれて凝集し、棒状になります(染色体の形として一般的に認識されている構造はこれです)。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR