垂直分布

垂直分布 すいちょくぶんぷ

標高の変化に応じたバイオームの変化を、垂直分布といいます。

陸上植物の垂直分布帯は、相観の違いによって、標高の低い方から:

丘陵帯(きゅうりょうたい)
山地帯(さんちたい)
亜高山帯(あこうざんたい)
高山帯(こうざんたい)

と分けられます。これらの境界線の標高は、明確に決まっているわけではなく、緯度によって異なってきます。


例えば日本の本州中部では:

標高500mくらいまで → 丘陵帯(スダジイ・クスノキなどの照葉樹林)
標高500m~1500mくらい → 山地帯(ミズナラ・ブナなどの夏緑樹林)
標高1500m~2500mくらい → 亜高山帯(オオシラビソ・コメツガなどの針葉樹林)
標高2500mくらいより上 → 高山帯(ハイマツ・コマクサ・クロユリなどの高山植物)

となっています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR