スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質量欠損

質量欠損 しつりょうけっそん Mass defect

原子核の質量は、核内にあるそれぞれの核子(陽子と中性子)の質量の和より小さくなっています。

それぞれの核子の質量の和と、実際の原子核の質量との差のことを、質量欠損といいます。


原子核の原子番号をZ、質量数をAとします。また、その陽子1個の質量をm_p、その中性子1個の質量をm_n、原子核の質量をm_0とします。

原子核内には中性子がZ個、陽子が(A-Z)個ある、ということになります。

質量欠損Δmは:

と表すことができます。


質量欠損は、アインシュタインの特殊相対性理論によって、説明が可能になりました。次の記事では、彼の理論から導かれる「質量とエネルギーの等価性」を説明します。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。