スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[杜甫]:石壕吏(白文・書き下し文)

[杜甫]:石壕吏(白文・書き下し文)

暮投石壕村
有吏夜捉人 
老翁踰牆走 
老婦出門看 
吏呼一何怒 
婦啼一何苦 
聴婦前致詞 
三男鄴城戍 
一男附書至 
二男新戦死 
存者且偸生 
死者長已矣 
室中更無人 
惟有乳下孫 
孫有母未去 
出入無完裙 
老嫗力雖衰 
請従吏夜帰 
急応河陽役 
猶得備晨炊 
夜久語声絶 
如聞泣幽咽 
天明登前途 
独与老翁別 


暮れに 石壕の村に投ず
吏有り 夜 人を捉ふ
老翁 牆を踰えて走り
老婦 門を出でて看る
吏の呼ぶ 一に何ぞ怒しき
婦の啼く 一に何ぞ苦だしき
婦の前みて詞を致すを聴くに
三男 鄴城に戍る
一男 書を附して至れるに
二男は 新たに戦死せりと
存する者は 且く生を偸むも
死する者は長に已みぬ
室中 更に人無く
惟だ乳下の孫 有るのみ
孫有り 母未だ去らざるも
出入するに 完裙無し
老嫗 力衰ふと雖も
請ふ 吏に従ひて夜帰せん
急に河陽の役に応ぜば
猶ほ晨炊に備ふるを得んと
夜 久しくして語声絶え
泣きて幽咽するを聞くがごとし
天明 前途に登るに
独り 老翁と別る

(引用:大修館 『精選 古典B』)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。