スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

史記:鴻門の会(別バージョン)(二)大丈夫当に此くのごとくなるべき(白文・書き下し文)

史記:鴻門の会(別バージョン)(二)大丈夫当に此くのごとくなるべき(白文・書き下し文)

高祖為人、隆準而竜顔、美須髥。

左股有七十二黒子。

仁而愛人喜施、意豁如也。

常有大度、不事家人生産作業。

及壮、試為吏為泗水亭長。

廷中吏、無所不狎侮。

好酒及色、常従王媼・武負貰酒。

酔臥、武負・王媼、見其上常有竜、怪之。

高祖毎酤留飲、酒讎数倍。

及見怪、歳竟、此両家常折券棄責。

高祖常繇咸陽、縦観観秦皇帝。

喟然太息曰、

「嗟乎、大丈夫当如此也。」


高祖人と為り、隆準にして竜顔、須髥美はし。

左の股に七十二の黒子有り。

仁にして人を愛し施を喜み、意豁如たり。

常に大度有り、家人の生産作業を事とせず。

壮に及び、試みられて吏と為り、泗水の亭長と為る。

廷中の吏、狎侮せざる所無し。

酒及び色を好み、常に王媼・武負従ひて酒を貰る。

酔ひて臥すに、武負・王媼、其の上に常に竜有るを見て、之を怪しむ。

高祖の酤ひて留まり飲む毎に、酒讎るること数倍す。

怪を見るに及び、歳の竟はりに、此の両家常に券を折り責を棄つ。

高祖常て咸陽に繇し、縦観して秦の皇帝を観る。

喟然として太息して曰はく、

「嗟乎、大丈夫当に此くのごとくなるべきなり。」と。

(引用:大修館 『精選 古典B』)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。