スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

史記:鴻門の会(別バージョン)(一)彼取りて代はるべきなり(白文・書き下し文)

史記:鴻門の会(別バージョン)(一)彼取りて代はるべきなり(白文・書き下し文

項籍少時、学書不成、去学剣。

又不成。

項梁怒之。

籍曰、

「書足以記名姓而已。剣一人敵、不足学。学万人敵。」

於是、項梁乃教籍兵法。

籍大喜。

略知其意、又不肯竟学。


秦始皇帝游会稽、渡浙江。

梁與籍俱観。

籍曰、

「彼可取而代也。」

梁掩其口曰、

「毋妄言。族矣。」

梁以此奇籍。


項籍少き時、書を学びて成らず、去りて剣を学ぶ。

又成ならず。

項梁之を怒る。

籍曰はく、

「書は以て名姓を記すに足るのみ。剣は一人の敵、学ぶに足らず。万人の敵を学ばん。」と。

是に於いて、項梁乃ち籍に兵法を教ふ。

籍大いに喜ぶ。

略其の意を知るや、又肯へて学ぶを竟へず。


秦の始皇帝会稽に游び、浙江を渡る。

梁籍と俱に観る。

籍曰はく、

「彼取りて代はるべきなり。」と。

梁其の口を掩ひて曰はく、

「妄言する毋かれ。族せられん。」と。

梁此を以て籍を奇とす。

(引用:大修館 『精選 古典B』)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。