スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三冊子:不易と変化(原文)

三冊子:不易と変化(原文)

(赤冊子)

師の風雅に、万代(ばんだい)不易(ふえき)あり、一時の変化(へんか)あり。

この二つにきはまり、その本(もと)一つなり。

その一つといふは、風雅の誠(まこと)なり。

不易をしらざれば、まことに知れるにあらず。

不易といふは、新古によらず、変化流行にもかかはらず、誠によく立ちたる姿なり。

代々(よよ)の歌人の歌を見るに、代々その変化あり。

また、新古にもわたらず、今見るところ、昔見しに変わらず、あはれなる歌多し。

これまづ不易と心得(こころう)べし。

また、千変万化するものは、自然(じねん)の理(ことわり)なり。

変化に移らざれば、風(ふう)あらたまらず。

これにおし移らずといふは、一旦(いったん)の流行に口質(くちぐせ)時を得たるばかりにて、その誠を責めざるゆゑなり。

責めず、心をこらさざる者、誠の変化を知るといふことなし。

ただ人にあやかりて行くのみなり。

責むる者は、その地に足をすゑがたく、一歩自然に進む理なり。

行くすゑ幾千変万化するとも、誠の変化はみな師の俳諧なり。

「かりにも古人の涎(よだれ)をなむることなかれ。四時(しいじ)のおし移るごとくものあらたまる、みなかくのごとし。」

とも言へり。

(引用:大修館 『精選 古典B』)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。