スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枕草子:この草子、目に見え心に思ふことを(原文)

枕草子:この草子、目に見え心に思ふことを(原文)

(跋文)

この草子、目に見え心に思ふことを、人やは見むとすると思ひて、つれづれなる里居(さとゐ)のほどに書き集めたるを、あいなう、人のために便(びん)なき言ひすぐしもしつべき所々もあれば、よう隠し置きたりと思ひしを、心よりほかにこそ漏り出(い)でにけれ。

宮の御前(おまへ)に、内の大臣(おとど)の奉りたまへりけるを、

「これに何を書かまし。上の御前には『史記』といふ書(ふみ)をなむ書かせたまへる。」

などのたまはせしを、

「枕にこそははべらめ。」

と申ししかば、

「さは、得てよ。」

とてたまはせたりしを、あやしきを、こよや何やと、尽きせず多かる紙を書き尽くさむとせしに、いとものおぼえぬことぞ多かるや。

おほかたこれは、世の中にをかしきこと、人のめでたしなど思ふべき、なほ選(え)り出(い)でて、歌などをも、木、草、鳥、虫をも、言ひだしたらばこそ、

「思ふほどよりはわろし。心見えなり。」

とそしられめ、ただ心一つに、おのづから思ふことを、たはぶれに書きつけたれば、

「ものに立ちまじり、人並み並みなるべき耳をも聞くべきものかは。」

と思ひしに、恥づかしきなんどもぞ、見る人はしたまふなれば、いとあやしうぞあるや。

げに、そもことわり、人の憎むをよしと言ひ、ほむるをもあしと言ふ人は、心のほどこそ推しはからるれ。

ただ、人に見えけむぞ妬(ねた)き。

左中将(さちゆうじやう)、まだ伊勢守(いせのかみ)と聞こえし時、里におはしたりしに、端の方(かた)なりし畳をさし出でしものは、この草子載りて出でにけり。

惑ひ取り入れしかど、やがて持ておはして、いと久しくありてぞ返りたりし。

それよりありきそめたるなめり、とぞ本に。

(引用:大修館 『精選 古典B』)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。