スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大鏡:雲林院の菩提講(原文)

大鏡:雲林院の菩提講(原文)

先つころ、雲林院(うりんいん)の菩提講(ぼだいこう)に詣でてはべりしかば、例人よりはこよなう年老い、うたてげなる翁二人、嫗と行き会ひて、同じ所に居ぬめり。

「あはれに、同じやうなるもののさまかな。」

と見はべりしに、これらうち笑ひ、見かはして言ふやう、

「年ごろ、昔の人に対面して、いかで世の中の見聞くことをも聞こえ合はせむ、このただ今の入道殿下の御ありさまをも申し合はせばやと思ふに、あはれにうれしくも会ひ申したるかな。今ぞ心やすく黄泉路もまかるべき。おぼしきこと言はぬは、げにぞ腹ふくるる心地しける。かかればこそ、昔の人はもの言はまほしくなれば、穴を掘りては言ひ入れはべりけめとおぼえはべり。返す返すうれしく対面したるかな。さてもいくつにかなりたまひぬる。」

と言へば、いま一人の翁、

「いくつといふこと、さらに覚えはべらず。ただし、おのれは、故太政大臣貞信公、蔵人の少将と申しし折の小舎人童、大犬丸ぞかし。ぬしは、その御時の母后の宮の御方の召使ひ、高名の大宅世継とぞ言ひはべりしかしな。されば、ぬしの御年は、おのれにはこよなくまさりたまへらむかし。みづからが小童にてありし時、ぬしは二十五六ばかりの男にてこそはいませしか。」

と言ふめれば、世継、 

「しかしか、さはべりしことなり。さてもぬしの御名はいかにぞや。」と言ふめれば、

「太政大臣殿にて元服つかまつりし時、

『きむぢが姓はなにぞ。』

と仰せられしかば、

『夏山となむ申す。』

と申ししを、やがて、繁樹となむつけさせたまへりし。」

など言ふに、いとあさましうなりぬ。

誰も、少しよろしき者どもは、見おこせ、居寄りなどしけり。

年三十ばかりなる侍めきたる者の、せちに近く寄りて、

「いで、いと興あること言ふ老者たちかな。さらにこそ信ぜられね。」

と言へば、翁二人見かはしてあざ笑ふ。

繁樹と名のるが方ざまに見やりて、

「『いくつといふこと覚えず。』といふめり。この翁どもは覚えたぶや。」

と問へば、

「さらにもあらず。一百九十歳にぞ、今年はなりはべりぬる。されば、繁樹は百八十におよびてこそさぶらふらめど、やさしく申すなり。おのれは水尾の帝のおりおはします年の、正月の望の日生まれてはべれば、十三代にあひたてまつりてはべるなり。けしうはさぶらはぬ年なりな。まことと人思さじ。されど、父が生学生に使はれたいまつりて、『下﨟なれども都ほとり』と言ふことなれば、目を見たまへて、産衣に書き置きてはべりける、いまだはべり。丙申の年にはべり。」

と言ふも、げにと聞こゆ。

(引用:大修館 『精選 古典B』)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。