スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹取物語:かぐや姫の昇天(原文)

竹取物語:かぐや姫の昇天(原文)

宵うち過ぎて、子(ね)の時ばかりに、家のあたり、昼の明(あか)さにも過ぎて、光りたり。

望月(もちづき)の明さを十(とを)合はせたるばかりにて、在(あ)る人の毛の穴さへ見ゆるほどなり。

大空より、人、雲に乗りて下(お)り来て、土より五尺ばかり上がりたるほどに立ち連ねたり。

内外(うちと)なる人の心ども、物におそはるるやうにて、あひ戦はむ心もなかりけり。

からうじて、思ひ起こして、弓矢をとりたてむとすれども、手に力もなくなりて、萎(な)えかかりたる中に、心さかしき者、念じて射むとすれども、ほかざまへ行きければ、あひも戦はで、心地、ただ痴(し)しれに痴れてまもりあへり。

立てる人どもは、装束(さうぞく)の清らなること物にも似ず。

飛ぶ車一つ具したり。

羅蓋(らがい)さしたり。

その中に、王とおぼしき人、家に、

「みやつこまろ、まうで来(こ)。」

と言ふに、猛(たけ)く思ひつるみやつこまろも、物に酔(ゑ)ひたる心地して、うつぶしに伏せり。

いはく、

「汝(なんぢ)、幼き人。

いささかなる功徳を翁作りけるによりて、汝が助けにとて、片時(かたとき)のほどとて下(くだ)ししを、そこらの年ごろ、そこらの黄金(こがね)賜(たま)ひて、身を変へたるがごとなりにたり。

かぐや姫は罪を作りたまへりければ、かく賤(いや)しきおのれがもとに、しばしおはしつるなり。

罪の限り果てぬれば、かく迎ふるを、翁は泣き嘆く。

あたはぬことなり。

はや返したてまつれ。」

と言ふ。

翁答へて申す、

「かぐや姫を養ひたてまつること二十余年に成りぬ。『片時』とのたまふに、あやしくなりはべりぬ。また、異所(ことどころ)に、かぐや姫と申す人ぞおはすらむ。」

と言ふ。

「ここにおはするかぐや姫は、重き病をしたまへば、え出(い)でおはしますまじ。」

と申せば、その返り事はなくて、屋(や)の上に飛ぶ車を寄せて、

「いざ、かぐや姫、穢(きたな)き所に、いかでか久しくおはせむ。」

と言ふ。

立て籠(こ)めたる所の戸、すなはち、ただ開(あ)きに開きぬ。

格子どもも、人はなくして開きぬ。

嫗(おうな)抱きてゐたるかぐや姫、外(と)に出でぬ。

えとどむまじければ、たださし仰ぎて泣きをり。

竹取、心惑ひて泣き伏せる所に寄りて、かぐや姫言ふ、

「ここにも、心にもあらでかくまかるに、昇らむをだに見送りたまへ。」

と言へども、

「なにしに、悲しきに、見送りたてまつらむ。われをいかにせよとて、捨てては昇りたまふぞ。具して率(ゐ)ておはせね。」

と、泣きて、伏せれば、御心惑ひぬ。

「文(ふみ)を書き置きてまからむ。恋しからむをりをり、取り出でて見たまへ。」

とて、うち泣きて書く言葉は、

「この国に生まれぬるとならば、嘆かせたてまつらぬほどまではべらむ。過ぎ別れぬること、かへすがへす本意(ほい)なくこそおぼえはべれ。脱ぎおく衣(きぬ)を形見(かたみ)と見たまへ。月の出でたらむ夜(よ)は、見おこせたまへ。見捨てたてまつりてまかる、空よりも落ちぬべき心地する。」

と、書き置く。

天人の中に、持たせたる箱あり。

天(あま)の羽衣(はごろも)入(い)れり。

またあるは、不死の薬入れり。

一人の天人言ふ、

「壺なる御薬(おほんくすり)奉れ。穢き所の物きこしめしたれば、御心地悪(あ)しからむものぞ。」

とて、持て寄りたれば、いささかなめたまひて、少し、形見とて、脱ぎ置く衣(きぬ)に包まむとすれば、在る天人包ませず。

御衣(おほんぞ)をとり出でて着せむとす。

その時に、かぐや姫、

「しばし待て。」

と言ふ。

「衣(きぬ)着せつる人は、心異(こと)になるなりといふ。もの一言(ひとこと)、言ひ置くべきことありけり。」

と言ひて、文書く。

天人、

「遅し。」

と、心もとながりたまふ。

かぐや姫、

「もの知らぬことなのたまひそ。」

とて、いみじく静かに、朝廷(おほやけ)に御文奉りたまふ。

あわてぬさまなり。

「かくあまたの人を賜ひてとどめさせたまへど、許さぬ迎へまうで来て、取り率(ゐ)てまかりぬれば口惜(くちを)しく悲しきこと。宮仕へ仕うまつらずなりぬるも、かくわづらはしき身にてはべれば、心得ずおぼしめされつらめども。心強く承ずなりにしこと、なめげなるものにおぼしとどめられぬるなむ、心にとまりはべりぬる。」

とて、
 
今はとて天(あま)の羽衣着るをりぞ君をあはれと思ひ出でける
 
とて、壺の薬そへて、頭中将(とうのちゆうじやう)呼び寄せて、奉らす。

中将に、天人取りて伝ふ。

中将取りつれば、ふと天の羽衣うち着せたてまつりつれば、翁を、いとほし、かなしとおぼしつることも失せぬ。

この衣(きぬ)着つる人は、物思ひなくなりにければ、車に乗りて、百人ばかり天人具して昇りぬ。

(引用:大修館 『精選 古典B』)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。