スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徒然草:日野山の閑居(原文)

徒然草:日野山の閑居(原文)

ここに、六十(むそぢ)の露消えがたに及びて、さらに末葉(すゑは)の宿りを結べることあり。

いはば、旅人の一夜(ひとよ)の宿を作り、老いたる蚕(かひこ)の繭(まゆ)をいとなむがごとし。

これを中ごろの栖(すみか)に比(なら)ぶれば、また、百分が一に及ばず。

とかくいふほどに齢(よはひ)は歳々(としどし)に高く、栖は折々に狭(せば)し。

その家のありさま、世の常にも似ず。

広さはわづかに方丈、高さは七尺が内なり。

所を思ひ定めざるがゆゑに、地を占めて作らず。

土居(つちゐ)を組み、うちおほひを葺(ふ)きて、継ぎ目ごとにかけがねを掛けたり。

もし心にかなはぬことあらば、やすく外(ほか)へ移さんがためなり。

そのあらため作ること、いくばくの煩ひかある。

積むところわづかに二両、車の力を報(むく)ふほかには、さらに他の用途(ようとう)いらず。


いま日野山の奥に跡を隠して後(のち)、東(ひんがし)に三尺余りの庇(ひさし)をさして、柴(しば)折りくぶるよすがとす。

南、竹の簀子(すのこ)を敷き、その西に閼伽棚(あかだな)を作り、北に寄せて障子(さうじ)をへだてて阿弥陀(あみだ)の絵像を安置(あんぢ)し、そばに普賢(ふげん)をかき、前に法華経(ほけきやう)を置けり。

東のきはに蕨(わらび)のほどろを敷きて、夜の床(ゆか)とす。

西南に竹のつり棚を構へて、黒き皮籠(かはご)三合を置けり。

すなはち、和歌、管弦、往生(わうじやう)要集ごときの抄物(せうもつ)を入れたり。

傍らに琴、琵琶(びは)おのおの一張(いつちやう)を立つ。

いはゆる折琴(をりごと)、継(つぎ)琵琶、これなり。

仮の庵(いほり)のありやう、かくのごとし。


その所のさまを言はば、南に懸樋(かけひ)あり、岩を立てて水をためたり。

林の木近ければ、爪木(つまぎ)を拾ふに乏(とも)しからず。

名を音羽山(おとはやま)といふ。

まさきのかづら、跡うづめり。

谷しげけれど、西晴れたり。

観念のたより、なきにしもあらず。

(引用:大修館 『精選 古典B』)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。