スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇治拾遺物語:検非違使忠明のこと(原文)

宇治拾遺物語:検非違使忠明のこと(原文)

(第九五話)

これも今は昔、忠明(ただあきら)といふ検非違使(けびいし)ありけり。

それが若かりける時、清水(きよみづ)の橋のもとにて、京童部(きやうわらんべ)どもといさかひをしけり。

京童部手ごとに刀を抜きて、忠明を立てこめて殺さんとしければ、忠明も太刀(たち)を抜いて、御堂(みだう)ざまに上(のぼ)るに、御堂の東のつまにも、あまた立ちて向かひ合ひたれば、内へ逃げて、蔀(しとみ)のもとを脇に挟(はさ)みて前の谷へ躍(をど)り落つ。

蔀、風にしぶかれて、谷の底に、鳥のゐるやうにやをら落ちにければ、それより逃げて往(い)にけり。

京童部ども谷を見おろして、あさましがり、立ち並(な)みて見けれども、すべきやうもなくて、やみにけりとなん。

(引用:大修館 『精選 古典B』)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。