振動数条件

振動数条件 しんどうすうじょうけん

ボーアが考えた仮定の2つ目は次のようなものです。


原子内の電子が、エネルギー準位 E [J] から、それよりも低いエネルギー準位 E’[J] に移るとき、それらの差のエネルギーを持つ光子を1つ放出する。

すなわち、放出される光子のエネルギーは:

と表される。

また、あるエネルギー準位から、それよりも高いエネルギー準位に移るとき、電子はその差のエネルギーを持つ光子を1つ吸収する。


以上のことを、振動数条件といいます。

ちなみに、電子が、あるエネルギー準位からそれよりも低いエネルギー準位に移ることを「遷移(せんい)する」といい、あるエネルギー準位からそれよりも高いエネルギー準位に移ることを「励起(れいき)する」といいます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR