X線

X線 えっくすせん X-ray

ドイツの物理学者レントゲン(Wilhelm Conrad Röntgen;1845–1923)は、1895年、陰極線の研究をしている際に偶然未知の放射線を発見しました。

レントゲンはこの放射線を、数学で未知の値を表すときにxを用いることから、X線と呼びました。


後の研究でX線は電磁波の一種であることがわかりました。

X線は透過力が強く、人体の透過写真を取る際に利用されています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR