スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事関数

仕事関数 しごとかんすう Work function

金属内の自由電子は、原子から引力を受けています。したがって、光電効果が起こるためには(電子が外に飛び出すためには)、仕事をされなければなりません。

この仕事の最小値を仕事関数といいます。

仕事関数は、金属ごとに決まっています。


光電効果では、電子が飛び出すために必要なエネルギーは光によって与えられます。

光子のエネルギー [J] が、仕事関数 W [J] より小さい場合、電子は外に飛び出すことができません。

光子のエネルギーhν [J] が、仕事関数 W [J] より大きい場合、飛び出す電子の運動エネルギーの最大値 K_0 [J] は:
K_0 = hν-W
と表されます。


限界振動数ν_0 [Hz] は、運動エネルギー K_0 が0の場合であり:
hν_0 = W
と表されます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。