電気振動におけるエネルギーの保存

電気振動におけるエネルギーの保存

電気振動は、コンデンサーに蓄えられるエネルギーと、コイルに蓄えられるエネルギーとのやりとりであると考えることができます。

回路の抵抗が0の場合、これらのエネルギーの和は一定に保たれます。すなわち、常に:

が成り立ちます。

(この関係は、「滑らかな水平面上でのばね振り子の単振動では、ばねの弾性エネルギーと小球の運動エネルギーの和が一定に保たれる」という関係に似ています)


ちなみに、実際の電気振動では、導線やコイルなどの抵抗が無視できないため、ジュール熱が発生し、エネルギーは減少します。

このため、回路に流れる振動電流は、次第に振幅が小さくなっていきます(これを「減衰(げんすい)する」と表現します)。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR