ベクトルによる交流の表現

ベクトルによる交流の表現

交流電圧や交流電流は速度ベクトルや電界ベクトルとは異なるものですが、ちゃんとルールを決めてあげると、回転するベクトルによって表してあげることができます。


大きさは、交流電圧や交流電流の最大値とし、y成分がその実際の値に対応すると約束すれば、原点を中心として一定の角速度で回転するベクトルによって、交流電圧や交流電流の時間変化を表すことができます:



2つのベクトルのなす角αは、交流電圧と交流電流の位相差を表します。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR