ファラデーの電磁誘導の法則

ファラデーの電磁誘導の法則 Faraday's law of induction

誘導起電力の大きさは、コイルを貫く磁束の単位時間あたりの変化に比例します。

これをファラデーの電磁誘導の法則といいます。

ファラデー(Michael Faraday,[pronunciation;1791–1867)は、イギリスの科学者です。


この法則を数式で表すと次のようになります。

誘導起電力の向きまで含めて考えます)

1巻きのコイルを貫く磁束Φ [Wb] が、Δt [s] の間にΔΦ [Wb] だけ変化するとき、コイルに生じる誘導起電力 V [V]は:

となります。

右辺に負の符号がついていますが、これは磁束の変化と逆の向きに誘導起電力が生じる、ということを意味しています(これはレンツの法則ですので、この数式はレンツの法則を含んだものになっています)。


コイルがN回巻きのとき、1巻きのコイルの誘導起電力が、直列につながれた電池のように足しあわされるので、起電力がN倍になります。

したがって:

が成り立ちます。


磁束Φは:
Φ=BS
で求めることができました。

磁界密度が一定でなく、磁束が貫く断面の面積が一定ならば:
ΔΦ=ΔBS
として求めることができます。

磁束密度が一定で、磁束が貫く断面の面積が一定でないならば:
ΔΦ=BΔS
として求めることができます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR