スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

磁化

磁化 じか Magnetization;Magnetic polarization

鉄でできた釘(くぎ)同士を近づけても、それらが引き合ったり反発しあったりすることはありません。しかし、鉄でできた釘に磁石を近づけると釘は磁石にくっつきます。

これは、磁石の磁界によって釘が磁石として働くようになった、ということです。

この例のように、物質が磁石の性質を持つようになることを「磁化」といいます。


物質中の電子や原子核は、微小な磁石としての性質を持っていると考えることができます。通常ではそれらは向きがそろっておらず、物質全体としては磁石としての性質は持ちません。しかし、外部から磁界が加われることにより、そららの微小な磁石の向きがそろいます。

身の回りにある物質は、磁化の様子によって、常磁性体(じょうじせいたい;paramagnetic materials)、反磁性体(はんじせいたい;diamagnetic materials)、強磁性体(きょうじせいたい;ferromagnetic materials)の3つに分類されます。


常磁性体とは、磁石を近づけると、物質内の微小な磁石が外部の磁界の向き(方位磁針の向く向き)にわずかにそろうような物質を指します。

常磁性体では、磁石のN極に近い方が、S極になります:

(青矢印が外部の磁界の向きです)

常磁性体は磁石から非常に弱い引力を受けます。

常磁性体がつくる磁界は外部の磁界に比べて非常に弱いため、外部の磁界にほとんど変化を起こしません。

常磁性体の例 : 空気、アルミニウムなど


反磁性体とは、磁石を近づけると、物質内の微小な磁石が外部の磁界の向きとは逆向きにわずかにそろうような物質を指します。

反磁性体では、磁石のN極に近い方が、N極になります:


反磁性体は磁石から非常に弱い斥力を受けます。

反磁性体がつくる磁界は外部の磁界に比べて非常に弱いため、外部の磁界にほとんど変化を起こしません。

反磁性体の例 : 水、銅、水素、グラファイトなど


強磁性体とは、磁石を近づけると、常磁性体と同じく方位磁針の向く向きに微小な磁石がそろうが、その程度が常磁性体と比べて非常に大きいものを指します。

強磁性体は磁石から非常に強い引力を受けます。

強磁性体の例 : 鉄、コバルト、ニッケルなど
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。