半導体の種類

半導体の種類

ケイ素(シリコン)(Si)やゲルマニウム(Ge)の単体は、低温では電気を通しにくいが、温度が上がると電気を通しやすくなります。このような半導体を、総称して、真性半導体(しんせいはんどうたい;Intrinsic semiconductor)といいます。

真性半導体は、下で紹介するような半導体とは違い、不純物が加えられていない半導体です。


例えばケイ素に微量のリン(P)やアルミニウム(Al)のような不純物を加えると、真性半導体に比べて電気を通しやすくなります。

このような、不純物が加えられた半導体を、総称して、不純物半導体(ふじゅんぶつはんどうたい;Extrinsic semiconductor)といいます。

不純物半導体には、p型(ぴーがた)とn型(えぬがた)があります。


ちなみに、結晶に不純物を加えることを「ドープする(dope)」といいます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR