コンデンサーの耐電圧

コンデンサーの耐電圧 こんでんさーのたいでんあつ 

実用上では、コンデンサーの極板間に比誘電率の大きい誘電体を挿入して、小型ながら電気容量を大きくしたものが利用されています。

しかし、コンデンサーに過度な電圧を加えると、誘電体の一部分に電流が流れてしまい、誘電体やコンデンサーが破壊されてしまう場合があります。

(誘電体の一部分に電流が流れることを絶縁破壊(ぜつえんはかい;Electrical breakdown)といいます。誘電体は絶縁体とも呼ばれます)

絶縁破壊が起こらないような、コンデンサーが許容できる電圧を耐電圧(たいでんあつ;Breakdown voltage)といいます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR