スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱機関のサイクル

熱機関のサイクル

物理基礎でも少し触れましたが、熱を仕事に変える装置を熱機関といいます。

熱機関には気体など(作業物質と呼ばれます)が取り入れられ、その気体が状態変化を繰り返します。気体がある状態Aから、A→B→C→D→A というように色々な状態を経てもとの状態に戻るとき、この循環過程を「サイクル」といいます。

作業物質(気体)の状態をp―V図で考えると:

ピンク色の部分の面積が、熱機関が1サイクルの間に外部にする仕事になります。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。