モル比熱

モル比熱 もるひねつ Molar heat capacity

モル熱容量(もるねつようりょう)とも呼ばれます。

物質1[mol] の温度を 1[K] 上げるのに必要な熱量をモル比熱といいます。モル比熱は「C」というアルファベットを用いて表されることが多いです。単位は[J/(mol・K)] です。


物質n[mol] の温度をΔT[K] 上げるのに必要な熱量Q[J] は、モル比熱C[J/(mol・K)] を用いて:
Q=nCΔT
と表すことができます。

(変形すれば C=Q/(nΔT) となります)


注意が必要ですが、気体を定積変化させるのか、定圧変化させるのか、などの条件によって気体のモル比熱の値は異なってきます。

最もよく使われるモル比熱は、定圧変化させるときの「定積モル比熱」、定圧変化させるときの「定圧モル比熱」です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR