直線上の2物体の衝突

直線上の2物体の衝突

反発係数の考え方を、動かない物体(例えば床)との衝突だけでなく、動いている物体に衝突させるときにも拡張することができます。


それぞれの速度がv_1、v_2である2物体A、Bが同じ直線上で衝突することを考えます。

物体Bの方が右側にあるとします。衝突後にA、Bがv_1’、v_2’ になったとします。

このような場合の反発係数は:

と定義されます。すなわち、物体Bから見た物体Aの相対速度の比で定義されます。


v_1>v_2 ですので(そうじゃないと、AがBに衝突しません)、│v_1-v_2│=v_1-v_2 です。

衝突後の速度に関しては、v_1’≦v_2’  が成り立ちます。よって、│v_1’-v_2’│= -(v_1’-v_2’) です。

したがって:

と書くことができます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR