スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平面上の運動の法則

平面上の運動の法則

物理基礎では、直線上の運動において運動の3法則(慣性の法則、運動の法則、作用・反作用の法則)が成り立つことをみました。

この運動の3法則は、平面上の運動においても成り立ちます(また、空間内の運動においても成り立ちます)。


平面上の運動においても、運動方程式が成り立ちます:

mは物体の質量、aは物体の加速度、Fは物体にはたらく合力です。

ベクトルaが(a_x、a_y) 、ベクトルFが(F_x、F_y)、という成分であるすると、上の運動方程式は:

という連立方程式で表すことができます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。