z ̄の絶対値と偏角

z ̄の絶対値と偏角

複素数z=r(cosθ+sinθ) とします。

z ̄の絶対値と、偏角を、r、θを用いて表すことを考えます。

z ̄は、複素数平面上で、zと実軸に関して対称な位置にあります:

よって:
│z ̄│=r,
arg z ̄=-θ
と表すことができます。


また、-zの絶対値と偏角は、r、θを使って:
│-z│=r,
arg (-z) =θ+π
と表すことができます。

-z ̄の絶対値と偏角は、r、θを使って:
│-z ̄│=r,
arg -z ̄=π-θ
と表すことができます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR