複素数の差

複素数の差

複素数の差α-βは、α+(-β)と考えることができます。

点α-βは、点αを-βだけ平行移動したものになります。

3点0、α、βが同一直線上になければ、4点0、α-β、α、βを頂点とする四角形は平行四辺形になります:

平行四辺形ですので、点αと点βの距離は、│α-β│と表すことができます。

また、│α-β│=│β-α│です。


以上のように、複素数の差も、ベクトルの差と同様に考えることができます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

batmitzvah

Author:batmitzvah

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR